ビーグレンホワイトトライアルセット,体験

MENU

ホワイトケアトライアルセット|7日間で効果はあるの?その驚きの結果は?

ビーグレンのトライアルセットのいい所は肌トラブル毎にお試しが出来る所なんですよね。人によって肌トラブルは様々です。自分が悩んでいる肌の悩み毎にライン使いで集中ケア出来るっていうのは本当に嬉しいですね。

 

私が今回試してみたのは、ビーグレンのホワイトケアトライアルセットです。最近小さなシミが出来てしまって悩んでいたんですよね。いっかい出来てしまうと中々シミって消えないですからね。かと言って最初から高い美容液を購入するのも勇気がいります。

 

もし肌に合わなければ、ムダになってしまいますからね。その点ビーグレンだったら、2000円弱で試す事が出来ますからね。お得感満載です。支払い方法は「クレジット決済」と「代金引換」の2種類があります。今回私は代引を選びました。でも、代引手数料・送料は、すべて無料でした。

 

以前違う化粧品を注文した時に代引手数料を取られた事を思い出しました。注文してから、2日後に商品が到着しました。箱もしっかりしていて、トライアルセットだからといって妥協していません!

 

▼ビーグレン ホワイトケアトライアルセット内容は以下の通りです。

 

・クレイウォッシュ (15g)
・QuSomeローション (20ml)
・Cセラム (5ml)
・QuSomeホワイトクリーム1.9 (5g)
・QuSomeモイスチャーリッチクリーム (7g)

 

商品の他には、説明書やパンフレット、1000円の割引券が一緒に入っています。初回購入の時に使えるクーポン券です。これだけ全部セットになっていてお値段は1,800円(税抜)です。お得感がありますね!

 

ビーグレンホワイトトライアルセットの内容

ビーグレンホワイトトライアルセットの使い方は?

使い方は、左から右へ箱に並べられている順番に使っていきます。

 

【洗顔料】 @クレイウォッシュ
 ↓
【化粧水】 AQuSomeローション
 ↓
【美容液】 BCセラム
 ↓
【クリーム】CQuSomeホワイトクリーム1.9
 ↓
【クリーム】DQuSomeモイスチャーリッチクリーム

 

早速、それぞれの製品ごとを試してみました。

 

@ビーグレン クレイウォッシュ(洗顔料)を実際に使ってみると・・・・

 

ビーグレンのスキンケア用品の中でも、1番人気の高いクレイウォッシュ。すべての悩み別プログラムに入っている洗顔料です。そんなクレイウォッシュは、古い角質やメイクなどを吸着して落とす、「吸着洗顔」という特徴があります。

 

モンモリロナイトという粘土の成分が汚れだけを吸引して落としてくれます。ですから普通の洗顔石鹸のように泡をたてなくても汚れを洗い流せるという今までにない洗顔料なんです。泡を立てる必要がないため、界面活性剤が使われていないので肌への余計な刺激が少ないのも大きな特徴のひとつです。ですから、デリケートな敏感肌や乾燥肌などの女性でも安心して使うことが出来ます。

 

ビーグレンのスタータキットに入っていた、説明書のやり方に沿って早速、洗顔をしていきます。

 

【使用方法】

 

@ぬるま湯で顔全体を洗います。

 

Aさくらんぼ大くらいのクレイウォッシュを手にとり、手の平全体でのばしていきます。
※泡をたてる必要は、ありません。

 

B顔全体をマッサージするように汚れと馴染ませます。
※強くこすりつけないでください。

 

Cぬるま湯で注ぎ残しのないように、流していきます。

 

説明書に書いてあったように、さくらんぼ大のクレイウォッシュを手にだしてみます。

 

水に濡らした手で、伸ばしていくとこのくらいの泡立ちです。見ての通りほとんど泡が出ません。

 

クレイウォッシュの使い方

 

洗顔料はしっかりと泡立てないといけないと思っていましたが、今までの洗顔料に対する考え方が変わりました。要は泡立たなくても汚れが落ちればいいんですからね。実際に使ってみると毛穴の汚れや、くすみも取れて、肌のトーンが明るくなったように感じます。

 

洗顔だけでこんなに肌が改善されたのを実感できるとは、正直思っていませんでした。どちらかというと、化粧水や乳液に目を向けていたので、洗顔の効果には、驚きを隠せません!改めて洗顔という工程の大切さに気づかされました。

 

クレイウォッシュの洗顔には、吸引力のある「モンモリナイト」だけでなく、汚れと引き換えに肌に潤いを与える美容成分も含まれています。この吸着洗顔のおかげで、乾燥肌の私は洗顔後の肌の突っ張りが当たり前でしたが、突っ張る感じもなく、もっちりとした洗い上がりで大満足です。

 

今まで洗顔した後ってどうしてもお肌が突っ張る感じがしていましたが、このクレイウォッシュに限っては、そんな感じは一切ありませんでした。クレイウォッシュに関しては、まずは合格点という感じです。

 

次にビーグレン QuSomeローション (化粧水)を試してみました!

QuSomeローションは、保湿効果だけでなく、透明感のある肌にする効果もあるとの事。肌の黒ズミを防ぎ、本来の明るい肌に導く、ブライトニング効果を引き出す化粧水です。最近肌のトーンも気になっていたので期待感が膨らみます。

 

ブライトニング効果の高い「ビタミンC誘導体」をQuSomeの浸透力と同化させることで、角質層の奥まで保湿効果のあるビタミンC誘導体を浸透させるという事ですね。QuSomeローションの効果は1つで5つの肌トラブルの改善効果があります!

 

ある程度の年齢を重ねてくると、誰でも「しわ・シミ・ハリ・毛穴・乾燥」は気になってくるものです。女性が持っている肌トラブルの五代要素と言ってもいい程です。それがこのQuSomeローションを使うことによって改善されるなら使い続ける価値は十分にありそうです。それでは早速使ってみましょう!

 

【使用方法】

 

こんな感じでかなりサラッとしています。

QuSomeローションの使い方

 

@直径3センチほどのQuSomeローションを手に取ります。

 

A両手で軽く馴染ませた後、顔全体を包みこむようにやさしく押さえていきます。

 

B目元、口元、鼻まわりの細かいところは、指先で押さえるように馴染ませます。

 

C最後に手で顔全体を包み、手のひらが肌に吸い付くようになるまで押さえます。

 

 

肌につけてすぐに、浸透力に驚きました!手で押さえていくだけですーっと浸透していきます。さらっとした仕上がりです。一番の驚きは、やはり浸透力。他のスキンケア用品と比べてもQuSomeローションがより実感できました。ただ、浸透が早いので乾燥肌の人には少し物足りないかもしれませんね。物足りないと感じたら2度付けすればいいと思いますよ。

 

また美白化粧水と聞くと肌トラブルが起こりやすいイメージが強かったですが、こちらも肌トラブルは一切なし!むしろ、肌質も良くなり、透明感のある肌になったと思います。

 

次にビーグレン Cセラム (美容液)を試してみます。

ピーグレンの製品で、一番最初に出来たのがCセラムと言います。配合成分は、作られた時から変わらないとてもシンプルなもの。肌に刺激のある成分や不要な成分はすべて省き、「ビタミンC」を高濃度で配合している美容液になっています。

 

肌への効果が最も高いとされるビタミンCですが、実は化粧水への配合が難しい成分でもあるんです。。そんなビタミンCを“QuSome”で包み込むことにより、肌への効果を持続させることが可能になったという事。このCセラムは肌トラブルの改善だけでなく、ニキビやニキビ跡にも効果があると色々な口コミで紹介されているスグレモノでもあります。

 

そんなCセラムの実際の効果ほどは…?さあ、実際に使っていきましょう!

 

【使用方法】

 

これも手に取ってみると分かりますが、とっても肌に馴染みやすいです。

 

Cセラムの使い方

 

@直径2センチ程度のCセラムを手に取ります。

 

A両手に軽く広げ、顔全体をやさしく包むように馴染ませます。

 

B口元、鼻などの細かい部分は、指先で押さえるように馴染ませていきます。

 

C最後に、手で顔全体を包み、手のひらが肌に吸い付くようになるまで押さえます。

 

Cセラムはチューブタイプになっています。手に取ってみるとオイルのようなテクスチャーです。肌にのせてみると、じわーっと温かくなりました。肌に合っていないのかな…?と一瞬不安になりましたが、公式サイトで調べてみると配合成分“PG”には水分に触れると温かみをもたらす反応があるとの事。ですから温かくなっても心配はいりませんよ。Cセラムを使っている誰もが感じる事なんです!

 

私の場合は、使用後5日目には肌にハリも出てきたように感じました!Cセラムの効果は、大いに有り◎使い始めた次の日に、ピリピリっと肌に感じることがありました。調べてみると、このCセラムは、日光に触れると良くないとのことでした。

 

 

ビーグレンの説明書の方にも「日光に触れると良くないので、必ず上から日焼け止めを」と書いてありました。使う前にはやはり説明書をよーく読んでおかないといけませんね。Cセラムの現品は「5,000円(税抜)」と、決してお手頃ではないですが、少量でも伸びがよく肌のコンディションが悪い時にだけ使うとコスパ的にも良いですね。肌荒れ時には、持っておきたいスキンケア用品です。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9 (クリーム)の使い心地はどう?

QuSomeホワイトクリーム1.9 は、従来の美白成分と比べて約10〜100倍の美白効果があることで知られる「ハイドロキノン」が含まれているクリームです。ハイドロキノンは、美白効果だけでなく、シミや色素沈着にも効果を発揮します。

 

シミを消すためのレーザー治療と比べて肌が痛まないため、多くの医療現場で使われ、注目を集めています。そんな究極の美白成分が含まれている「QuSomeホワイトクリーム1.9」の効果はどうなんでしょうか?さっそく使っていきますね。

 

ハイドロキノンクリームの使い方

 

 

【使用方法】
@1〜2プッシュのQuSomeホワイトクリーム1.9を手のひらに出します。

 

A額・あご・両頬・鼻の5箇所に置きます。

 

B顔の内側から外側に広げていきます。目の周り部分は、円を描くようにのばしてください。

 

C最後に、手で顔全体を包み、手のひらが肌に吸い付くようになるまで押さえます。

 

 

QuSomeホワイトクリーム1.9は、2プッシュほどの使用目安。
少量でものびが良いので全体に広がってくれます◎

 

仕上がりはしっとり。しばらくしていると浸透が早いせいか、べた付きもなくなります。やはりQuSomeの浸透力はすごい!一週間のお試しだったので、すぐに美白に!とまでは、さすがになりませんでしたが、目元がワントーン明るくなりました。もうしばらく使ってみると、さらに効果を発揮しそう。

 

 

保湿力もあって、しっとりとした仕上がりです。クリームタイプが苦手な方でも、すぐに浸透してくれるのでべたつきも気になりません。ハイドロキノンは有用成分のため使用は「夜のみ」。こちらも日光に当たると刺激が出るので日中使用は避けることが注意するポイントですね。

 

また、ハイドロキノンは敏感肌の方には刺激が強いと感じるかもしれません。一度パッチテストをしてからの使用をおすすめします。

 

 

ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム (クリーム)の使い心地はどう?

年を重ねていくにつれ、気になってくる深いしわやたるみのエイジングを遅らせるクリーム。肌にハリと弾力を与えることで若さがよみがえったような肌になるといいます。また、生まれ変わりのリズムに着目して作られたクリームは、加齢などで引き起こされるリズムを整えると同時に、ハリを低下させる要因も断つことで様々な肌トラブルの改善に繋がるスキンケアになっています。

 

それでは早速使っていきましょう!

 

モイスチャークリームの使い方

 

【使用方法】
@パール1〜2粒大のQuSomeモイスチャーリッチクリームを手のひらに取ります。

 

A額・あご・両頬・鼻の5箇所に置きます。

 

B顔の内側から外側に広げていきます。目の周り部分は、円を描くようにのばしてください。

 

C最後に、手で顔全体を包み。手のひらが肌に吸い付くようになるまで押さえます。

 

QuSomeクリーム1.9に比べて弾力のあるテクスチャーです。やや硬めのクリームですが、重すぎず、べたべた感もなく、とても気に入りました!QuSomeモイスチャーリッチクリームは、朝から使用しても化粧がよれることなく、化粧ノリも良いのが特徴の一つですね。

 

 

また、保湿力は抜群で、化粧水や美容液をしっかりと閉じ込めてくれます。乾燥肌の私には、大満足の保湿力でした。使用した翌日から、肌がもっちりしてツルツルに!これからの乾燥が気になる時期にはかかせないアイテムになりそうです。

 

 

使用して4日目には、ニキビ跡もふっくらとしてきて、ファンデーションでカバーできるほど目立たなくなりました。保湿効果もあり、肌の悩みを解決してくれるQuSomeモイスチャーリッチクリームは、言うことなしのクリームですね。

 

 

 

ホワイトケアトライアルセットを一週間試した結果は?

さて、今回思い切ってビーグレンのホワイトトライアルセットを試すことにして一週間が経ちました。実際にトライしたのは朝夜の7日間です。わずか7日間のスキンケアトライアルでしたが、「ニキビ・毛穴・くすみ」の肌トラブルに効果がみられました。肌トラブルだけでなく、肌質も良くなったように感じます。

 

ニキビ跡も少し膨らんできたように感じます。使い続ける事によって、今まで悩んできた肌トラブルにも効果が出そうな気がしています。今回のビーグレンのホワイトトライアルセットを使ってみて感じた事は、以下の通りです。色々な口コミサイトでも言われている事ですが、実際に使ってみると改めて、その良さを感じることが出来ました。

 

  1. 浸透力が凄い
  2. 毛穴が引き締まる
  3. 肌のトーンが明るくなった
  4. 大人ニキビ(吹き出物)にも即効性があった
  5. 短い期間でも確かな手応えを感じることが出来た。

 

それと、ビーグレンの一番の特徴は、浸透力です。独自のテクノロジー「QuSome」の優秀さには、とても驚きました。奥の方まで届いてこそ、ここまでの効果があるのですね。それと余分なモノを極力含んでいないので安心して使えるという事ですね!

 

ただ一つだけ満足出来なかった点があります。それは何かと言うとCセラムの独特のニオイです。これは口コミにも書いてありましたが、慣れるには少々時間がかかるかもしれませんね。まあ、どんな化粧品を使っても100%満足する人はいないと思います。どこかで妥協点を見出すという事も必要ではないかと思いますね。

 

 

美白ケア(trial)

 

 

トップに戻る